色々な高級なマンション
高級なマンション

不動産賃貸のポータルサイトなどで物件情報を検索していると、立地条件や家賃相場などからかけ離れた好条件の物件に出合うことがあります。他のユーザーの目に付く前に掘り出し物を発見できれば理想的です。しかしそれは、実際には入居することのできない、おとり物件の可能性があります。

おとり物件とは、架空の物件や成約済みであったり、存在するものの契約の意思のない呼び込み物件などのことを指しています。
そもそも不動産会社にとって成約する意思のない物件を掲載しても、収益をもたらすことはありません。にもかかわらず、どうして不動産会社はおとり物件や成約済み物件などを広告掲載しているのでしょうか。原因には幾つか考えられますが、案外多いのは広告掲載の更新忘れを挙げることができます。

不動産会社がインターネット上に上げている広告掲載物件のなかには、自社管理物件とそうでない物件が含まれています。自社管理物件については賃貸などが決まったら、速やかに広告内容を更新しようとするインセンティブが働きます。これに引き換え、他社管理やオーナー管理物件までは頻繁に広告内容を更新する動機付けが働かないので、成約済みの場合でも入居可能と表示されるといった事態に遭遇するわけです。
他方で、あえて不動産会社が架空の物件などのおとり物件を、掲載している場合もあります。客の呼び込みのために、実際には存在しない相場よりも破格の安い家賃や、充実した設備の架空の物件情報を掲載します。呼び込みのための架空おとり物件は、部屋探しをしている方にとっては非常に魅力的に映るので、多数の問い合わせなどのコンバージョンを期待できます。

一度不動産会社にお客さんが訪れても、好条件のおとり物件についてはすでに成約済みと返答して現実に募集している物件情報を提示して、成約することを目指して交渉するわけです。
賃貸物件を探している状況では、時間的に余裕が無い場合も多いので、おとり物件を活用することには、大きなメリットがあるといえるのです。おとり物件にひっかかることが無いようにするには、掲載している不動産会社に問い合わせる際に、現地案内をお願いするのことが対策になります。現実には契約することができないので、不動産会社も現地案内をすることは不可能です。
また複数の不動産会社に問い合わせることもポイントになります。成約済みにもかかわらず広告掲載されている可能性もあるので、複数の不動産会社に問い合わせることで、現実の状況を正しく認識することもおとり物件を掴まないための対策になります。