色々な高級なマンション
  • ホーム
  • 家賃が無料!?「フリーレント物件」でお得に暮らす

家賃が無料!?「フリーレント物件」でお得に暮らす

高級なマンションの受付スタッフ

賃貸サイトなどで目にすることも多いのが、フリーレント物件というものです。賃貸で部屋探しをするときに、この特約のついた物件情報を目にする方も多いのではないでしょうか。

フリーレントとは一定期間家賃が無料になるというものです。一定の無料期間といっても、明確にガイドラインなどが規定されているわけではないので、2週間程度や入居までの日割り計算相当額の場合もあれば、1~3か月程度の無料期間が設定されていることもあります。

家主にとっては家賃は収益そのものを意味しているので、無料期間を設定してわざわざ負担になる特約を付けるとなると、訳あり物件であるかのような印象を受けます。実際にはフリーレントを設定しているといっても、通常の賃貸マンションなどと特段の違いがあるわけではなく、無料期間終了後に高額の家賃を請求されるような心配も不要です。それでは家主にとっての負担になるはずのフリーレント物件が増加しているのは、どのような事情があるためでしょうか。
フリーレントをあえて設定することには、賃貸物件の魅力を顧客にアピールするというメリットがあるとされています。最近では不動産賃貸サイトを利用すれば、同一エリア内では類似した入居条件を設定している案件が複数ヒットします。何かアピールポイントがないと訴求できないので、無料期間を設定してメリットをアピールするわけです。類似したスペックがあれば、家賃の無料期間が設定されているのは、非常に魅力的に映るのは明らかです。

またフリーレント物件のメリットには、二重家賃の支払いを防止できるメリットもあります。通常の賃貸物件では1か月前の予告期間が設定されています。そのため転居先と転居元の両方を負担せざるを得なくなるので、二重家賃の支払いが必要になるのです。これに対して、フリーレント物件では、入居時の家賃負担を回避できるので、二重の家賃を支払いする必要がなくなります。

他方でフリーレント物件では最低限の契約期間が設定されているのが一般的です。契約期間を定めているのに、1年や半年程度の短期間で、引越しなどをすると短期違約金の支払いが必要になります。短期違約金の金額の計算方法は、それぞれの物件で条件は違ってきます。一般的には無料期間相当額以上の短期違約金を請求されることが多いようです。
フリーレント物件は人気が高く物件数も限定されています。物件数の少なさや、競争率の高さも踏まえるとマストの条件にするのではなく、条件の一つ程度と認識するのが賢明な姿勢といえます。

人気記事一覧